まんまるボス外伝

ROOKEIS

40年近く生きてきて
大体は嫌なことやつらいことのほうが多いかもしれない
楽しいと思うことはほんの少しの時間だろう

昨日「ROOKEIS」というドラマの最終回があった
ほとんどテレビドラマを見ないオレでも
結構毎週楽しみにしていたものである

不良が高校野球を・・・的な話だがとにかく熱かった
自らが蒔いた種とはいえ様々な理不尽に巻き込まれる話が
個人的には印象的だった
この歳になってあーゆーのを見てると
『つらいことがあってもそのころが一番幸せなんだよなぁ』
って思ってしまう
ドラマの設定は高校生
演じる俳優さん達は十代後半から20代
どちらにしても無邪気に怖いもの知らずに
物事に向かっていけるような
そんな気がしてきて
見ててうらやましくも感じる

今の自分
とてもちっぽけだけど
かなえた夢もありなんとか幸せにやってる
ただ誰しもがそうだと思うが
嫌なことつらいことは常につきまとっている
言いたいこと言ったりして発散するより
グッとこらえて我慢することが当たり前になってきた

自分がいつか60代くらいになったとき
過ごしてきた30代、一年以内に迎える40代を振り返って
「そのころが充実してて幸せなんだよなー」
なんて思ったりするんだろうか

それはこれからの自分の生き方にかかってるんだろう

f0166032_732328.jpg


意外とたくさんの嫌なことはコロッと忘れ
少しの楽しい思い出だけはしっかり覚えている
「幸せな性格」のワタクシに
励みのひとポチ↓よろしくお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
[PR]
by bulltats | 2008-07-27 07:10 | つぶやき